FC2ブログ

複数の人から贈与、相続時精算課税制度は?

なにやらゲリラ豪雨や、台風の影響で

なかなか予定をたてるのにも頭を悩ませる今日この頃ですね。

最近特に食欲旺盛な増田です。(^-^)/


昨日はお客様と新宿で焼肉をいただきました。

その名も「はなもんや」という焼肉屋さん。

JR新宿南口で出て「NEWoMan」というショッピングモールの近くにあります。

New(新しい)とWoman(女性)を合わせたもののようです。

2016年に完成した30代から40代女性向けに作られた新しい商業施設のようです。

トホホ、、どんどん新宿も進化し続け、少しついて行けないスピードです。(°_°)

さすが若者の街新宿!

さてこちらのお肉はこんな感じ↓で??

IMG_9740.jpg
IMG_9743.jpg
IMG_9744.jpg


次から次へと希少部位が出てきます!こちらもスピード感が!!!(゚д゚)

とても美味しくいただきました。

個室でゆっくり、美味しい焼肉をいただくにはお勧めのお店です。

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13056556/





さて今日は

「複数の人から贈与、相続時精算課税制度は?」

について。

贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度という二つの方法があります。

暦年課税制度は、毎年1月1日から12月31日までの1年間で贈与された財産額をすべて合算し、

基礎控除額の110万円を引いた額に贈与税が課されます。


複数の人から贈与をうけた場合、基礎控除額の判断は、贈与ごとに110万円ではなく、

受贈者1人につき110万円として判断されます。

例えば、父から100万円、母から50万円それぞれ贈与を受けた場合には、

その年の贈与額は合計150万円になり、その150万円から基礎控除額の110万円を控除し、

残った40万円に対して贈与税が発生します。


一方で相続時精算課税は60歳以上の親から、20歳以上の子への生前贈与が行われた場合に、

相続開始まで通算して2,500万円までは非課税とするという制度です。

この相続時精算課税制度は、贈与を通して社会における資金の回転を良くして、

経済の活性化を図ることを目的としたものです。

相続時精算課税制度を利用した場合には、贈与の非課税額は大きくなります。

2,500万円を超えた場合には、一律で20パーセント課税されることとなります。


この相続時精算課税制度を利用した場合、例えば父親から2,500万、

母親から2,500万円の贈与を受け相続時精算課税を選択した場合、

両親からの贈与額合計5,000万円すべてが基礎控除額となります。


このように複数人から贈与を受ける場合には、一般的には相続時精算課税制度の方が、

非課税の枠が大きくなりますのでメリットが高いということができます。

また、一律で税率が20パーセントという形で固定されている点も相続税の課税額を予測するうえで

非常にわかりやすい基準になります。

相続時精算課税制度を利用した方が得かどうかは、

相続税の基礎控除内に財産総額が収まるかどうかという点が重要な判断基準となります。

相続時精算課税制度を利用する場合には、税務署に対して相続時精算課税制度を利用する旨の届出を行います。

この場合、再度暦年課税制度に戻るということはできません。


贈与は、税率の高さなどから一般的には相続税対策としては活用できないという面が従来はありました。

しかし相続時精算課税制度を活用することで、非課税とすることや税率の予測可能性が高まるなどのメリットがあります。

詳しくは専門家へのご相談をお勧めいたします!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 不動産の査定業務、相続のことならいつでも
☆ご相談ください。
★ お問い合わせは弊社まで!
☆今年は亥年!前進あるのみです!!
★ 株式会社エムスクエアスィンクス
☆ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
★ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
☆ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
★ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント