FC2ブログ

会社の相続でこんなことが?

猛暑が続く今日この頃、マスクがとても辛く

早く涼しい季節、秋にな~れ!と感じる増田です。

IMG_5914.jpg

IMG_5915.jpg


さて、今回は

「会社の相続でこんなことが?」

について

例えば経営者である父親が会社の株を60%持ち

後継者の長男に40%所有させていた場合で、

相続人は長女、次男2人が他に居て、

そのまま遺言もなく父親が亡くなり相続が発生した場合

長男以外2人の長女、次男が結託して会社の経営権を

要求される恐れがあります。

上場していない60%の未分割の株式については相続人のなかから

株式の権利行使者1名を選定し権利行使者が議決権を行使することになります。

その結果、後継者である長男は次期社長を解任されることもあるのです。

その為、「会社の株式60%を長男に相続させる」という

遺言がありさえすればスムーズに長男が社長として相続できます。

しつこいかもしれませんが

遺言はご自身のためにも、ご家族のためにも
強くおすすめいたします。
専門家へのご相談をお勧めします!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 不動産の査定業務、相続のことならいつでも
☆ご相談ください。
★ お問い合わせは弊社まで!
☆今年は亥年!前進あるのみです!!
★ 株式会社エムスクエアスィンクス
☆ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
★ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
☆ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
★ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント