FC2ブログ

不動産の相続評価は?

おはようございます!増田です。
昨日、いつもの神田須田町の交差点で建築中のドーミーイン!が
なんと3月15日にようやくオープン!!
未だ1階のテナントは入っていませんが、パンフレットには
コンビニが入るとのことです(^^)/
IMG_6558.jpg
IMG_6557.jpg
IMG_6559.jpg



「不動産の相続評価は」
まず、土地の評価ですが、一般の方が不動産の評価を自ら計算することは
かなり難しいと言われています。
今回は、相続時の不動産の評価方法を簡単にご紹介します。
土地の評価格は俗に「一物四価」と言われ、下図のとおり
「実勢価格」、「公示価格」、「路線価」、「固定資産税評価格」と分かれます。
一物四価


「相続」少し大きい文字に関する評価格は基本的には「路線価」または「固定資産税評価格」を基に
計算します。

【土地評価】
「路線価方式」
所有する土地に面した道路に振られている、その土地の1㎡当たりの価格(路線価)に
地積を乗じて土地の評価格を計算します。
例えば100㎡の自宅敷地の前面路線価が40万円/㎡(路線価図では千円単位400と記載)
であった場合、
40万円×100㎡=4,000万円となります。
ただし路線価は、整形地で間口も充分取れている優良な土地を想定しています。
実際の土地の評価は路線価評価額を基礎として、それぞれの地形、接道状況、
周辺環境、利用状況等を加味して評価する必要があります。
参考:国税庁のHP
http://www.rosenka.nta.go.jp/

「倍率方式」
路線価が振られていない地域においては、「固定資産税評価格」にその地域ごとの倍率を
乗じて土地の評価額を計算します。
「固定資産税評価額」は毎年送られてくる「固定資産税の課税明細書」に記載されています。

【建物評価】
「固定資産税評価額」によります。
また、建物を第三者へ貸している場合には評価は3割減の7割評価となります。

おおよその相続評価は計算できますが、一度は相続税専門の税理士に見て戴くことをお勧めいたします。
もちろん弊社顧問先にて初回の診断は無料ですのでご安心ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 不動産の査定業務、相続のことならいつでも
☆ご相談ください。
★ お問い合わせは弊社まで!
☆酉年にちなんで飛躍の年にしたいと思います。
★ 株式会社エムスクエアスィンクス
☆ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
★ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
☆ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
★ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント