FC2ブログ

有料老人ホームの入居金は相続財産?

こんにちは、増田です。

ここ数日は特に空気も冷たく感じて、マフラーが手放せない感じです。
街もクリスマスのイルミネーションが・・・

今年も終わりに近づくと思うと、一年がとても短く感じるこの頃です。

先日の休日に、快晴だったのでいつものジョギングコースを
気持ちよく走れました。

良く通るポイントの文京区の西端にある江戸川公園は桜の名所で
江戸川橋駅の近く。
IMG_8596.jpg

桜の咲く季節には神田川沿いの桜並木がとても綺麗です。
桜も良いですが、、

この季節は紅葉も綺麗なので思わず撮りました。
IMG_8593.jpg
IMG_8600.jpg


さて今日は
「有料老人ホームの入居金は相続財産?」について、、

先日お会いしたお客様のお話しのなかで、老人ホームの入居金は
相続財産の対象になるかどうかのご相談を受けました。

確かに東京都心での老人ホームの入居金は高額なので、、
そこで弊社顧問の先生に聞いてみたところ

「社会通念上どうか?」という回答です。

詳しくは


有料老人ホームの入居金が
相続財産とはならない場合・・・

被相続人は配偶者の扶養義務者として配偶者を介護する義務があり、この扶養義務を
履行するために入居金を負担した場合、

入居金について支払い時に被相続人から配偶者への贈与があったと認定したうえで
その贈与については相続税法に規定されている贈与税の非課税財産、いわゆる扶養義務
相互間において生活費に充てるためにした贈与により取得した財産のうち通常必要と
おもわれるもの
なので相続税の課税価格に加算しなくともよいという事例があります。

このケースは要介護状態の配偶者の介護のために入居したものであり
老人ホームは介護のため必要最小限度のものということです。

また相続財産とされた事例の場合・・・

入居金の贈与が「社会通念上」妥当でないと思われる場合です。
介護付有料老人ホームではない場合、配偶者が入居時から介護状態でもなく
入居の必然性が無い場合。
生活費に該当するかどうかというところがポイントになると考えられます。

ただ生活費に該当するか否かの判断は一律に定められるものでもないため
個々の具体的事情に即して、社会通念上どうか?
というところでの判断になるでしょう。

被相続人にとって入居金を負担して配偶者を老人ホームに入居させたことが
扶養義務を果たすうえで必然性があるかどうか、そしてその老人ホームが
介護のために社会通念上妥当かどうかが相続税の課税対象になるかどうかの
判断ポイント
になるようですね。

詳しくは専門家へのご相談をお勧めします!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 不動産の査定業務、相続のことならいつでも
☆ご相談ください。
★ お問い合わせは弊社まで!
☆酉年にちなんで飛躍の年にしたいと思います。
★ 株式会社エムスクエアスィンクス
☆ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
★ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
☆ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
★ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント