FC2ブログ

相続税、調査が選ぶポイントは?

こんにちは!増田です。

ここのところ世界的にも異常な気象や災害が続いております。

災害により被災された地域の皆さまには、

心よりお見舞い申し上げます。


さて、、

先週の休日、朝から天気も良かったので、自宅から朝ランに出発!

途中、秋の気配を感じながら走れました。

まずはザクロの木です!

IMG_3562.jpg
IMG_3563.jpg


たくさんの実がついています。


そして彼岸花、綺麗に咲いてますねえ。
IMG_3581.jpg
IMG_3582.jpg


文京区には坂が多く、走るのはけっこう大変ですが
IMG_3565.jpg
IMG_3566.jpg
IMG_3568.jpg


楽しみながらのランです。
IMG_3571.jpg
IMG_3572.jpg


スポーツの秋!食欲の秋でこの秋を楽しみます!

IMG_3589.jpg





さて今日は

「相続税、調査が選ぶポイントは?」

についてです。


相続税の税務調査はおおよそ4件~5件に1件は調査が入ると言われています。

だだし、調査先をランダムに選定しているわけではなく内容をみて調査先を選んでいます。

調査が入るということな何かしら「これは申告漏れだ」、「評価の仕方が間違っている」など

確信があってのことですので、調査が入ってからでは遅いというのが実態です。

税務調査で多額の相続税が課税されないように調査官の調査の目的と

意図をよく理解しましょう!

調査官が疑問や不信に感じると予想される事項につちえは事前に

税理士がその項目を列挙し、十分な資料をそろえて確認しないと

あとあと困ることになってしまいます。


「調査官が調査対象に選ぶ際に特に確認する申告書」
は大まかに次の通りです。

① 毎年の所得から推定し金融資産や財産の少ない申告書

② 土地や株の多額な売却や死亡直前の多額な預金の引出し

③ 家族名義の預金等のチェックがされていない申告書

④ 生前贈与がある場合の申告書

⑤ 財産評価の根拠になる書類が無い申告書

⑥ 税法に誤りのある申告書


などなどです。


よくご質問で「税務調査はいつごろ来ますか」と聞かれますが、

相続税の税務調査が一番行われやすい時期は、

相続税の申告期限を過ぎた翌年の8月~11月または翌々年の8月~11月ごろになります。

相続税の申告書を提出した後にすぐ税務調査が行われるわけではなく、忘れたころに訪れてきます。

また、税務署では7月に大きな人事異動があり1年単位で税務調査を行っています。

人事異動後の8月~11月ごろに行われる調査は調査官の心理的な余裕や時間的な余裕もあるため、

多くの申告漏れが見込める案件を優先して本腰を入れた調査が行われていると考えられます。


相続税の時効は法律上5年となります。

相続税の申告期限から5年を経過すれば税務調査の心配は一切ないと判断してもよいでしょう。

但し、悪質と見做された場合には、7年に延長されるという例外規定もあります。

相続税を過少に納めていれば、税務署から追加で納めてくださいよと言われますが、その逆、

相続税を過大に納めているような場合、税務署はたとえ気づいたとしても、納め過ぎですので返します、

とは通常言ってくれません。

そのため、相続税を払い過ぎていると気づいたら還付の手続きをし、

余分に払い過ぎた税金を取り戻すようにしましょう。

そのためにも専門家への相談は必須と思います!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★ 不動産の査定業務、相続のことならいつでも
☆ご相談ください。
★ お問い合わせは弊社まで!
☆酉年にちなんで飛躍の年にしたいと思います。
★ 株式会社エムスクエアスィンクス
☆ 東京都千代田区神田須田町2-23-11 河合ビル7階
★ TEL 03-3526-6188  FAX 03-3526-6189
☆ コーポレートサイト: http://msquare.co.jp
★ 物件情報サイト:http://akiba-realestate.com/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント